MENU

AI MASUKAWA

Vol.36

升川 愛

職業: 理学療法士

年齢: 26歳

Vol.36 升川 愛(理学療法士/26歳)

現在のお仕事は何でしょうか?

訪問診療メインの内科クリニックに勤務し、在宅生活を支援するリハビリを行っています。

どういうきっかけでPTになろうと思ったのですか?

私が理学療法士を目指した理由の一つに、「目の前の困っている人の、実質的な役に立ちたい」という思いがありました。私が小さいときに父親が事故に遭い、リハビリをしていたことも、大きく影響していたと思います。 漠然と、『この人の役に立ちたい』とか『何かしてあげたい』と思っても、自分に余裕がなければ出来ないし、気持ちだけあってももどかしいだけだし、もっと知識・技術を身につけたい!と思ったのが、きっかけです。

やりがいは感じますか?またどういうところに?

やりがい、感じます。 まず、PTの仕事大好きです! 直接患者さんやご家族と接しての仕事なので、反応や効果、相手に与える影響を感じやすいです。その結果、『もっとこうしたい』とか『次はこの目標を設定しよう』とか、患者さんとの関わりを通して自分の原動力になっている感じです。

悩みはありますか?

ん~、そう聞かれてぱっと思いつくような、抱えてる悩み、今は全く有りません。(笑) ただ、日々患者さんや他スタッフと関わる中で、自分の勉強不足や経験不足に悩むことはしょっちゅうです。予想外の事態に上手く対応できなかったり、こんなことしか出来ないのかなって落ち込んだり。でもそれをほっといたり、一人で悩んでてもしょうがないので、現状より良い環境にできるように、調べたり聞いたり色んな人やものから沢山助けてもらっています。 大変だったり悩んだりすることがあっても、それ以上に楽しい瞬間や感動することがあって、充実しています。

将来の夢や展望があれば教えてください!

新卒で総合病院に就職したのですが、色々な方と関わらせていただく中で、もっと個人の性格や生活パターンに合わせてリハビリが出来たらなという思いが強くなりました。病院を退院した後の、其々の生活に戻ってから本当の意味で生活の質を向上出来るようなサービスを提供したいと思いながら現在の訪問リハビリのお仕事をしています。 私はヨガのインストラクターも持っているんですが、自分の好きな分野や興味のある分野から派生させて、色んな引き出しをつくって、相手を癒せるようなかかわりをしていきたいです。人生の中で頑張った時期の記憶って強い原動力になると思うんですけど、生きてたら勝手に辛いこととか頑張らなきゃいけないときは来るから、身体的や精神的にどこか不具合が生じているときには、『あれ?いつのまにか楽になってる。』『なんとなく気づいたら良くなってる!』『なんとなく、やる気出てきた』みたいな状態に出来る関わりをしたいです。なんか、抽象的な表現しか出来なくて、すみません(笑)日々の学びや経験の中で具体的に形にしていきたいなと考えています。

休日は何をしていますか?

外に出てることが多いかもしれないです。友達とご飯いったり買い物行ったりお酒飲みにいったり。キャンプいったり、スポーツしたり、旅行も好きです! あとは、図書館いって面白そうな本探したりゆっくり料理したり、お家でごろごろ映画見たりとか、そうゆうひとりでまったりする時間も好きです。


【撮影者より】

天真爛漫な笑顔がすごく印象的な升川愛さん。初めてお会いしたのにとても気さくで優しい方でした。芯もしっかりあってお仕事も一生懸命で、これからの愛さんにますます期待しています!
Photo & Interview by 近藤 浩紀
HP: http://www.hirokikondophotography.com/