MENU

『教育』:AFRICAN LIGHTS 001

[連載]
AFRICAN LIGHTS 001

突然ですが質問です。
この写真はどこを写したものでしょうか。

正解は、サハラ砂漠です。
皆さんはサハラ砂漠がどこにあるかご存知ですか?
アフリカです。
サハラはアフリカにあります。
そして、サハラはアフリカにいます。

??

「何を言いたいんだ?」

皆さんそう思っているでしょう。

ところで皆さん、今日から10日遡る2/14は何の日でしょうか。
2/14、バレンタインデー。
そう、1年でもっとも世の男性がチョコに飢える1日、バレンタインデー。
バレンタインデーといえば…チョコ。
チョコといえば…ガーナ。
僕は今、アフリカ/ガーナにいます。

(僕の住む地域をドローンで撮影しました。)

ご紹介が遅くなりました。
初めまして。佐原(サハラ)と申します。
なぜガーナに?いるかというと、
高校の数学の先生として青年海外協力隊事業で派遣されているからです。

《青年海外協力隊とは?》
自分の持っている技術、知識、経験を開発途上国の人々のために活かしたいと望む20-39歳の青年を派遣するJICA(国際協力機構)の事業。近年、多くの途上国において公共支出の多くが教育に回されています。ガーナも同様、国の予算の多くは教育に費やしており、対GDP比率で教育は2004年の5.59%から2014年の6.18%まで増加しています

*参照:UNESCO http://uis.unesco.org

(ちなみに日本は3.18%と、スウェーデン7.68%・フィンランド7.17%に比べ半分以下で
す。)

JICAに求められている援助においても重点分野の一つに理数科教育が含まれており、教育
の質の向上として教授法・学習法・教員の指導力の改善などが上げられています。 
僕の配属先は正確にいうと高校ではなく職業訓練校で専門学校のようなところです。高校
と同じ後期中等教育にあたります。
よく初等教育(小学校)が特に大事だと予算がどうだ就学率がどうだ等々取り上げられて
いますが、その分目の行き届いていない後期中等教育においても解決すべき問題はたくさ
んあります。
そんなこんなな背景の中で派遣されているのが僕です。
医療福祉系メディアと謳うココで、僕が連載をすることは果たしてあっているのか?
医療ではないものの、教育は福祉!
岡さんからも「数学は福祉だ!」とお墨付きをいただいたので、連載させてもらうことに
しました!
僕なんかの薄っぺらい知識や経験で語るのは恐縮ですが、ガーナや日本の教育について少しでも皆さんの興味が持てるネタを提供できたらと思っています!
以後よろしくお願いします!

P.S. ヤギ、はじめました。

※掲載内容は個人の見解であり、JICA/青年海外協力隊の見解ではありません。

Text by : SAHARA

青年海外協力隊・数学隊員として2017年3月からガーナで数学の先生なう
【JICAボランティアの世界日記】
http://world-diary.jica.go.jp/saharahikaru/

keywords