MENU

物議を醸す連載漫画『ジョニーの燃えよ裁判・第1話』

物議を醸す連載漫画『ジョニーの燃えよ裁判・第1話』

「不可能を可能にするにはどうすればいいか」
そういうことを僕、ジョナは常に考えながら生きています。

京都在住の僕は、生まれつき先天性ミオパチーという病気を持ち、24時間のヘルパーの介護、ゴツい電動車椅子を使用して生活しているという、ちょー重度な障害があります。
しかし、子供の頃から「漫画家になる」という夢を持ち、美術専門高校を卒業、そして芸大でマンガを学び、現在では様々なイベントでアートパフォーマンスをするなど、おそらく見た目の重症度からは想像しにくい、様々なアート活動を続けています。

ただし、僕がこのように活躍するのにも、まさに「不可能を可能にする」ための「工夫」というものが必要なのです。

これから3週続いてお届けするのは、「障害を持ちながらも他の人達と同じように活躍するには」という話についてと、「行政と一悶着やっている」ということについての漫画です。前置きなのでめっちゃオブラートに包んで書きましたが、詳しくは漫画のほうをどうぞ。

今回の第1話は執筆当初、時間が無かったためにちょっと絵が雑な感じもしますが、細かい所は目をつむっていただければ幸いです(泣)

また来週!!!!

Text and Manga by : ライス趙 ジョナ