MENU

『次界への旅立ち』:天才と変態の連載010

[連載]
天才と変態の連載010

みなさんビックリマンチョコをご存知だろうか。
シール欲しさにキッズがチョコを捨てるという社会現象を起こしたアレだ。
これについて書くと長くなるから
僕が「ソコソコのビックリマンファン」という情報を知ってほしい。

先日酔っ払ってスマホと財布を無くしまして、おそらく戻ってこないと。
財布には、免許、保健所、キャッシュカード、銀行のカード諸々、ほとんどすべて入っていた。
もしかしたら、個人情報を売られているかもしれない。
でも、まぁしょうがいないよ。
人間だもの。

結構なダメージを負いつつ
さらに別件でこれと同様くらいのダメージが乗っかってきまして
自分でも驚くくらい凹んだ
人生でかつて一度しか経験していない
「食欲がなくなる」経験をしたのだ。

とにかく家に帰ろう。
始発で家に向かう。
コンビニで飯でも買うか・・・
懐かしのコンビニ内をフラフラすると
ある本が目に飛び込んでくる

「もっと結果を出せる人になる!ポジティブ脳」の使い方
という
脳科学者 茂木健一郎先生の本だ。
「結果を出せる人になる!」も大切だが
何より、とてつもないダメージを負っている。

脳脳脳脳
脳脳脳脳
脳脳脳脳

俺の脳よ
ポジティブになれ。

祈りにも似た気持ちでこの本を買った。
財布はなくしたが手元になぜかスイカだけ残っていたので
スイカに入っていたお金で購入。
そしてスイカに貼ってあったシールがコレだ

( THE FOOL -愚か者- )

よくできた話である(笑)

朝帰宅すると、そこは廃墟のようだった。
今は廃墟本というものが出ているくらい人気なので問題ない。
少し寝て、廃墟をこれまた少しだけ整理した頃
新婚の親友が奥さんを連れて遊びに来た。

新婚夫婦をもてなさなければいけないが
ここは廃墟一歩手前だ
一般的にはとても失礼だ

何かもてなすもの
何かもてなすもの

あった

ビックリマンチョコ!

しかも2つ。

彼らはしっかりした大人なので
よくわからない、おしゃれな洋菓子を手土産に持ってきていた
それと、ビックリマンチョコでおもてなし。

親友は通称「ONI」で通ってるんだけど(以後ONIと表記)
ONIが引いたシールが
「次界への旅立ち」だった。

素晴らしい。
なんという引きだ。
「次界」が何を指すかわからないが
何だか素晴らしい前向きなイメージが湧く。

実際にそのあと奥さんが引いたシールは
謎のスキンヘッドの少年だった。

引きが違う。
彼とは麻雀をよくするのだが
乗ってる時のONIは凄い

「リーチ、オープン、一発、ツモ、ドラ、ドラ、裏、裏」
倍満
みたいな。
麻雀がわからない方に説明すると・・・
2分考えたが、分かりやすい例えがなかったから諦める。
とにかく、相手をしている方が麻雀をやめたくなるような人(ONI)だ。

「次界への旅立ち」を親友のONIが引いた時に
結構感動して
「こんなメンタルではいかんな。とにかくやろう。」
とスイッチがめっちゃ入った。

とはいえまだこの顔。

(顔芸には自信があったが、この顔のD.Dは初めて見た。多分作れない顔)

そこから新婚夫婦に引っ越しを手伝わせ!
聞いたところによると
僕の引っ越しに付き合うのは
ONI4回目らしい(笑)
良い奴だ。本当に愛している。
君なら幸せな家庭ができるような気が、少しだけしているよ。

意外と早く「今日もうダルくない?」と諦めがついて
ONI夫婦ともバイバイ。
時計を見るとまだ夕方

こ、この時間なら
もしかして
会えるの?会えないの?
4年くらい前にお世話になっていた会社のK社長

どの方にもお世話になりっぱなしだが
K社長は8年くらい雇ってもらって
事あるごとに諭してもらった。

この街を去る。きっといつでも会えるけど
なんか、いつでも会いた人。
えっと
友達みたいな笑

社長が新しく手がけた事業も見たいし・・・
マイワイフが社長に電話をかけてくれる
「おー!いいよー迎えに行くねー」
と二つ返事。
社長、いつもすいません。愛してます。

社長の新規事業を見て
泣きそうになった。
かっこいい。
かっこよすぎる。

途中経過だからまだまだ進化していくんだけど
そもそものコンセプトが最高だった。
それも俺が辞める前から、ずっとおっしゃっていた話を
形にしたんだ。
カッケー
その後ちょこっと今後の話をして社長ともバイバイ

ONIや社長に会えて幸せだったな〜
という事を回想する間もなく爆睡し
早起きして海士町に向かう。
向かうと言っても起床してから12時間かかるのだが(笑)
スマホがない
移動中やることがないね

「ポジティブ脳」の本を読みながら
海士町に向かう。
読んだ感想としては
結構実践していることが多く
以外とポジティブ脳だということがわかった!
まぁそうじゃなきゃね

今頃とっくに死んでるよ笑

帰宅して
届いた多くの荷物の一つに
Ubdobeのボスから届いたTシャツが

このタイミングで
これか

(伝説の「胸には希望」 Tシャツ販売中です)

背中には絶望を背負って、胸には希望を抱くんだよ。
絶望なんて必要ないけど、必ず立ちはだかる
希望がないと、人はとても弱いんだ

だから僕は「きぼう」を胸に

みなさんのおかげで
次界に旅立てそうです

(ビックリマンシール専用の額があるんだよ)

昨年度はありがとうございました!
新年度もよろしくお願いします!!

P.S 僕はリアルビックリマン◎

※ 物語はフィクションです。用法・用量を守って正しくお読みください。
 読み込みすぎると、一般的な価値観、常識から逸脱する可能性があります。

Text by : Dyson Daigo

特別養護老人ホーム職員 & LOVE AMAプロジェクトリーダー
真面目と不真面目のギャップが病的な36歳
http://www.love-ama.com

keywords